卒業式で「愛してるよ~」って♪

近頃このフレーズにとても弱い私・・
このフレーズが何に関係してるかって・・・

昨日も書いたけど、今日はKくんの卒業式だったのね・・・
お天気も春みたいにぽかぽかでとても卒業式にふさわしい素敵な一日でした。

78歳のおばあちゃんの校長先生はKくんの入学と同時に赴任なさって、今日で校長先生を終えました。
Kくんと同じ期間通われていたわけです。
入学式の時にぶったまげました。
この校長先生、飾らないのです。
言葉も風貌もすべて自然体なの。
本音でストレートなのがしっかりと伝わってくる、しっかりと人間味を感じさせて下さる方で、入学式の
日に大好きになりました。
あ~こんな校長先生のもとならきっとのびのびとした学園生活を送れるだろうなって思ったのを思い出しました。

私は中学の入学式の日に、校長先生のご挨拶で笑いがこらえきれずに、肩をふるわせて、その日から
要注意人物になっていたトラウマがあるのです。
なんで笑っていたかというと、校長先生の嘘を感じてしまったからなのです。
「この人、こんな言葉でえらそうにいってるけど、うそだ~」って感じちゃったの・・・
震えるほどわらってしまって、止まらないのです。
今でも大事な時に本当のこととずれている時など笑いがとまらなくなる発作が出ます。
前回はおばあちゃんのお葬式になってしまって、これも大変でした。
口を両手でふさいで、なんとか泣いてるように見えてよかったんですけど。

何せものすごい感受性が強かったもんで・・親も宇宙人を育てているようで本当にわからなくて大変苦労したそうなんです。
それで親としては「普通になって欲しい」とせめてもの願いを込めて、規律の厳しい女子中学に入れられました。
小学校も問題児で先生がしょちゅう、うちにきちゃってましたからね~。

入学式の日に廊下に立たされました。
前代未聞だったそうです。
だっておかしいよ・・・大人って嘘つきだよ・・・って強く憤ってました。校長も先生も大嫌いでした。
だれもわたしなんてわかってくれないよ・・・て
親ですら、私の話を聞かずに、周りにあやまりまわって、静かに女子高に閉じ込めようとしてね。
14歳くらいって、理不尽な怒りを悶々と抱えている時期だよね。
ありあまるエネルギーをもてあまして・・・
子供時代にすごく大変だったんです。普通に生きていくのが。
そのプロセスをしっかりと憶えているので、子供達との付き合い方は割りとわかるじゃないかなって思うのだけどね。

わ~自分の事を書きましたが、話はもどって、このKくんの校長先生素敵なんです。

160人あまりの生徒に一人一人丁寧に卒業証書を渡してくれました。
なんとその中の一人の男の子が名前を呼ばれた瞬間に
「みんな~聞いてくれ・・・ぼくはこのY学院を愛してる~」って叫んだんです。

それを聞いて思わずうつむいて、泣きそうになりました。
本当は泣きたくて泣きたくて、こらえるのに必死でした。みんなは笑っているのに・・・
近頃、「愛してるよ~」ってフレーズにすごく弱いんです。016.gif

素敵だった・・・彼の姿。思い切り言いたい事を伝えられて。のびのびしていて。
もうノックダウンでした。今日のこの卒業式を思い出すときに彼を思い出すなあって。

そして素敵な校長先生の反応はなんていったと思う?

「こんなに学校を好きになってくれて嬉しいよ・・・ありがとね~」って。
優しいよね。目線がとてもとても。
こんな人になりたいって思った。
今も思い出すと涙が止まりません。
なんだか自分の事を照らし合わせて、癒しがはじまっているようです。

K君は3年間無遅刻無欠席で皆勤賞をいただきました。
10名ほどの生徒が名前を呼ばれるとその校長先生は
「すごいね~なかなかできることじゃないよ。尊敬します」って、おっしゃりました。

近頃「うぜ~よ」とか「きもい」しか言わなくなってる反抗期なのに、つい先日なぜか
「この学校に行かせてもらってありがとう」って言われた事を思い出しました。
みんな楽しそうなの。
校長先生のお話も「自由」という意味について、というお話で
「自由」というのはみんなに思いやりを持って接する事が前提だというようなお話でした。

自分にとって好きだと思える学校に行けてよかったね~て心からお祝いをしてあげました。

あ~ナンか行って良かったと思える卒業式でした。
[PR]
by kyokospa81 | 2009-03-18 23:27 | Comments(0)