人気ブログランキング |

先日来てくれた赤ちゃんのママが日記に書いてくれました。

最年少のお客様、デーちゃんのままはライターさんです。
いつも日記を読ませていただくと、本当にほっとする優しい文章は
彼女の人柄をそのまんま、あらわしています。

彼女の詩集
「神様は7日目に休んだ」は夜、休む前に時々寛ぎながら読ませてもらう、お気に入りの一冊です。
ミセスパイナポーでもおいてありますから興味のある方は是非声をかけてくださいね。

そのデーちゃんのままがおとといのトリートメントを日記に書いてくれました。



産後トリートメントにでーちゃんも喜ぶ

昨日は恭子さんのところにマッサージを受けに行った。産後ひと月たったところで体のトリートメントをお願いしたかった。でーちゃんも一緒に連れて行くと、部屋に入った途端でーちゃんがとてもいい顔に。新生児の笑顔は不随意な筋肉の動き、ゆるみであって、でーちゃんはまだ意識的に笑ったりはしないけれど、部屋を見回す様子ではっきりと喜んでいることがわかった。なぜわかったのかと聞かれても困るけれど、とにかく、この子喜んでるわ、とわたしまで嬉しくなり、まだマッサージがはじまる前から、でーちゃんがこんなに喜んでるだけで今日ここに来た甲斐があったというもの、と思った。恭子さんの部屋の空気がとてもきれいで明るい光に満ちているから、赤ちゃんはそういう場所に敏感なのだろう。はじめて恭子さんのマッサージを受けたときにターコイズのピアスを外して忘れてきたことがあった。次に行ったときにピアスを受け取ると石がものすごくきれいになっていて、思わず「恭子さん、これ磨いてくれたの?」と聞いてしまうほどだった。恭子さんが作る空間には、そんな気が満ちている。それに妊娠中もマッサージを受けていて、恭子さんはお腹のでーちゃんにもきちんと「お母さんの体にさわらせてください」と挨拶をしてくれたのを、でーちゃんは憶えているのだと思う。

赤ちゃんのご機嫌次第でマッサージはコンパクトにしよう、とはじめは言っていたけれど、でーちゃんはご機嫌で、そのままぐっすり眠ってしまったので、すっかり凝った背中をほぐしてもらい、足を揉んでもらい、そしてガサガサになったかわいそうなお顔までやってもらった。途中、リラックスしきったでーちゃんが大きな音とともに大量のウンチをし、マッサージ中でまどろんでいたわたしに代わっておむつを替えてくれた恭子さん、ありがとう。このトリートメントでたっぷり体をいたわり、産後のひと区切りをつけることができた。

恭子さんが途中、「お産ってほんとにたいへんよね。血肉を分けるって感じよね」と言っていたけれど、まさにぴったりの表現だと思う。赤ちゃんとわたし、命がけで血肉を分けたのだ。よく頑張ったねえ、と赤ちゃんとわたしの体に感謝。


素敵なメッセージをありがとうなあや・・・
Commented by kalokalohouse/m at 2009-01-16 22:03 x
やっと更新!元旦から毎日見てたんだよ〜。元気そうですね。
Commented by kyokospa81 at 2009-01-18 21:38 x
ね~なんだかのんびりモードです。
うん元気だよ~もりもり食べてる(笑)
今年最初に会えたのが、Mさんでとても嬉しいです。
by kyokospa81 | 2009-01-16 09:15 | Comments(2)