Mrs.pineappleのbody,mind,spiritに働きかけるとっておきの美容法

kyokospa81.exblog.jp
ブログトップ

震災の夜に見た夢

震災から3年ですね・・・

e0131324_8174294.jpg



昨日もいつもと変わらず人に会うときも電話で話す時もご飯を作るときも黙々とひたすらずっと「ありがとうございます」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」出来る限りホオポノポノを唱え続けていました。

3年前の震災の夜から不思議な夢だと思っていたのですが、ベッドに入ると3晩続けて
同じ夢を見ました。

大きな教室の様なところでそこに天から届く光の輪が下りている場所があってそこに「こちらです」って手を取ってお連れするとスーッと吸い上げられるように上に上がられるのです。子供の手を取っている方、おじいさんおばあさん、小さい子赤ちゃん働き盛りのお父さん、お母さんたくさんの方がひしめくようにいらっしゃいました。ちょっとわさわさとしていましたがそこの光に向かわれていくときは本当に何も違和感もなく淡々とって感じでした。きっとその光の先はとても平和な感じの場所なんだなあって感じました。普段は夢をあまり覚えていないほうなのでそれだけでもびっくりしたのに3日間続けてだったので強烈に脳裏に残りました。

私はず~っと光の輪の届く場所があってそこに「こちらですよ~」って皆さんの手を取って誘導しているんです。ず~っとひたすら・・・それもにこにこしながら・・
お見送りしていたんですね。

あの夢が震災での被災の方たちだったのだとしたら衣服も普段着でしたが乱れていることもなく、平和な雰囲気そのものでした。ただただ淡々と・・・

あまりにも優しい光で私もそちらに行きたいと思ってその天から届いている光の輪の中に入ろうと思ったら私は入れてもらえなかったんです

・・・はじかれちゃったの・・そこでようやくしっかりと夢の中でどういうことなのか自分なりに理解しました。それからその夢を見たと認識はありませんがきっとみんなにも同じようにそのようなことがあるんだろうなあ…て思っていました。

すると昨日友人がこんなシェアをしていくれていて「あ~おんなじ・・・」ってまたまた理解できました。

何が伝えたいって・・・上に上がるときにみんなの表情は「平和な感じ」そのものだったんです。

このことはもしからしたら自分があちらに行くときしかわからないかもしれないけど非常に安心したことは確かです。

だって全然苦しそうではなかったし衣類もちゃんときれいでしたもの。

アーリーさんシェアありがとう・・・私も「そうだったんだね」って改めてまた整理できました。

私たちもいつかはあちらに必ず戻りますよね…その時にまた私も皆さんもこんな風に行けるのかと思うと気持ちが楽になれましたのでシェアさせてくださいね♡

その友人のシェアをこちらでもシェアさせていただきますね・・



祈りは聞き届けられます♥♥♥
3月11日は東日本大震災から三年たちますね。沢山の方が祈ると亡くなった方も浄化して上がられるというお話です。
私は震災のあとスカイツリーのそばの友人のうちでヒーリングを受けていると、私の頭の中のヴィジョンに体育館が現れ、そこから沢山の人が天に向かって(スカイツリー)の方向に列を作って上がっていのが見えました。
なんだかよくわからなかったんですが、震災のニュースを見た友人が体育館は遺体安置所でヒーリングと私をとおして沢山の方が上がられた とメールをくれました。
その直後も友人宅でハープを聞いて皆で祈っていると、白い天を飛ぶ美しい船が現れ、茶色い人達がたくさん白い船に乗ろうとやってきました。
白い船に乗った人は普通のちゃんとした人になり安心していました。
そのヴィジョンを見ながら、沢山の茶色い方亡くなった方が上がられたのだと思いました。
昨年、広島に行った時はお友達の真子ちゃんのヴィジョンを見てあげたら、茶色い人達がジャックと豆の樹のようなツルを次々と昇って行くのが見えました。
上には真子ちゃんが乗った宇宙船がいて、茶色い人達はその天の宇宙船目指して昇り天に上がられていたのです。
真子ちゃんに聞いたら、毎年レクイエムを歌って広島の原爆で亡くなった人を鎮魂している ということで、それをまったく知らない私にも皆さんが天に昇られるのがわかりました。
祈りやヒーリング、鎮魂歌は沢山の人や魂を癒し浄化します。
明日は皆で祈りましょう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


本当にみんなつながっているね・・・一人だと何がなんだかわかなくてシェアすることもあまりないのですが、
同じビジョンをみているので勇気をいただきました~。

何せ言葉に言い表せることがとても難しいので・・・001.gif
[PR]
by kyokospa81 | 2014-03-12 08:01 | 感じる事思うこと | Comments(0)